ステラアルカナ攻略

【ステラアルカナ】アプリ開始前に初心者が知っておいた方がいいこと

ステラアルカナ

こんにちは、セフ@ゆるふわゲーマー(@sefgamechannel)です。

この記事ではアプリを始める前に知っておいた方がいいことを解説していきます。

【本サイトで徹底解説アプリ】


攻略に一切悩まなくても良いのにやり込み要素は抜群にあるリアルタイム・育成型シミュレーションゲーム
このサイト最多記事数にして最多アクセスを誇る超盛り上がりを見せるアプリで、痒い所に手が届く攻略記事完備

世界中、そして全時代の英雄がスマホに集結。
その名も「Rise of Kingdoms ―万国覚醒―」です。

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

ステラアルカナの職業選びについて

船の上で5人のキャラの中から一人選んでいきます。

この時左から順に下記の様にキャラが並んでいます。(写メ忘れました)
聖職者・射手・戦士・魔導師・暗殺者

聖職者は回復系で、射手、魔導師は遠距離攻撃タイプ、戦士、暗殺者は近距離攻撃タイプです。

一線でバトルに参加したい場合は近距離タイプを選ぶといいでしょう。

まったりゲームに参加する場合は聖職者や、遠距離タイプがおすすめ。

また操作が苦手という点は気にしなくて大丈夫です。

オートバトル機能がかなり序盤で使えるようになります。

因みに私は一番使いづらいと言われている暗殺者を使用していますが、何も問題ありません。

ステラアルカナはまず任務を進めていく

任務

キャラ作成が終わるとさっそく任務開始になります。

左上に任務が書いてあるので指示に従って動いていきましょう。

因みに任務欄をタップすれば、オートで動いてくれます。

※レベル5までバトルは手動です。

これがずーっと続きます!

レベルに応じてできることが増えていきます。

因みにリセマラは!?と思いましたよね。

次章で解説します。

ステラアルカナにリセマラは必要!?

ステラアルカナはリセマラ非推奨です。

理由としては、URの排出が補償されているわけではないので、目当てのキャラが出るまでとにかく運ゲーになってしまうからです。

しかも、ストーリーをしっかり楽しみながら進めているとリセマラをするタイミングまで1時間以上かかります。

そこまでしてリセマラするのは時間が無駄と私は判断しています。

それでも、リセマラしたいという人は下記サイトがわかりやすいので参考にしてみて下さい。

⇒【ステラアルカナ効率的なリセマラ方法

ステラアルカナの序盤の進め方

イベント解放に向けてレベル16を目指す

とにかくこれを目指して任務を進めていきましょう。

それまでの間で星魂石など入手ができるので、どんどん強化していきましょう。

ステラアルカナではとにかく任務を進めていけば後は遊び方は自由です。

最後に

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ「三國志 真戦」もおすすめ。
無料でダウンロード可能で、無課金でもめちゃくちゃ楽しめます。

三國志 真戦

三國志 真戦

Qookka Entertainment Limited無料posted withアプリーチ

[他の評価が高いアプリ]

魔剣伝説

魔剣伝説

無料posted withアプリーチ

エイジオブゼット:タワーディフェンス

エイジオブゼット:タワーディフェンス

無料posted withアプリーチ

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

少女廻戦

少女廻戦

ONEMT無料posted withアプリーチ

ドラゴンとガールズ交響曲

ドラゴンとガールズ交響曲

BluStar Games Limited無料posted withアプリーチ

ステート・オブ・サバイバル

ステート・オブ・サバイバル

無料posted withアプリーチ

【管理人一押しゲーム】


超リアルな古代官僚世界での成長および
恋愛シミュレーションゲーム「日替わり内室」。
官僚の世界での逆転物語は庶民から王族までの奮闘記を体験できます!

日替わり内室

日替わり内室

無料posted withアプリーチ

ABOUT ME
セフ
社会人で残業ゴリゴリの中無料ゲームに癒しを求めているゆるふわゲーマー。もともとゲームスキルはあまり高くないため今までゲームは好きなのに初歩で躓き継続できないことが多発。少しでもゲームでストレス解消できるようにゲームが苦手な人が思わず検索してしまうような内容からブログを書いています。