星のドラゴンクエスト攻略

【星ドラ】サブクエストすぐにやるべき⁉︎【星のドラゴンクエスト】

【星ドラ】サブクエストすぐにやるべき⁉︎【星のドラゴンクエスト】

サブクエストをやるべき理由は3つあります。
・冒険ランクが上がりスタミナ上限が開放される
・新たな特産品を入手できる
・クリア報酬限定アクセサリーが手に入る

星ドラにはメインクエストの他に、サブクエストがあります。
サブクエストをやるべき主な3つの理由について解説します。

【管理人一押しゲーム】

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ、未開の地を探検!土地を開拓し農場経営ができるアドベンチャーゲームファミリーファームの冒険」もおすすめです!作物の収穫や加工によるアイテム生成など、エリアの開拓を探検し、イベントを楽しみましょう!

ファミリーファームの冒険

ファミリーファームの冒険

Century Games Pte. Ltd.無料

サブクエストをやるべき3つの理由とメリットについて

(サブクエストのスクショ画像)
サブクエストをやるべき3つの理由について項目別に解説します。

これを知ることでサブクエストの重要性を理解できるはずです。

冒険ランクが上がりスタミナ上限が開放される

冒険ランクが上がりスタミナ上限が開放される
メインクエストを数多くこなしてクリアすれば「ぼうけんポイント」が手に入り、冒険ランクが上がっていきます。

冒険ランクが上がれば、スタミナ上限が開放されますよ。

星ドラを始めた当初は、スタミナ上限がわずか20だけ……。

メインクエストだけではなく、サブクエストをクリアすることでも「ぼうけんポイント」が手に入り、ひいてはスタミナ上限の開放につながります。

スタミナ上限をできるだけ早い段階では開放しておけば、スタミナが貯まった時に冒険できる回数も増えます。

例えば星ドラシーズン2をクリアしたとして、サブクエストを順調にクリアしていった人のスタミナ上限値が80、そうではないひとが65だとすると、「15」の差はだいたい1~2回分のダンジョン挑戦回数として差が出てしまうのです。

この差は本当に大きいので、より多く冒険したい方はすぐにでもやるべきです。

新たな特産品を入手できる

新たな特産品を入手できる
サブクエストをクリアすると、新しく特産品が手に入るようになります。

その一例として挙げるとブルリア星にあるバトラシア大陸のサブクエスト、ドライール洞窟の5階にいるボスを倒してクリアするとブレイドの街で【ふわふわ小麦】が生産できるようになります。

これらの特産品は、食べ物を生産する時の素材になるので、長い目で見ると必要になってくるので、特産品がほしい方はすぐにでもやるべきです。

クリア報酬限定アクセサリーが手に入る

クリア報酬限定アクセサリーが手に入る
サブクエストをクリアすると、アクセサリーを入手することがあります。

例えば、サブクエストのザバルア大陸中央西エリアの陽炎の塔5階のシャドウ・ヘルマを倒すと【アトモスの首飾り】というアクセサリーが手に入ります。

ボス討伐難易度は別として、サブクエストをクリアすることでしか入手することができないアクセサリーが、これ以外にもあるのでほしいならやるべきです。

最後に

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ、超王道スマホRPG、「グランドサマナーズ」もおすすめです!
冒険から武器製作まである、RPG好きにはたまらない非常にハイクオリティなスマホアプリです!コラボも頻繁に開催しているため、自分の好きな漫画やアニメのコラボが来やすいのも魅力の一つです!

王道 RPG グランドサマナーズ : グラサマ

王道 RPG グランドサマナーズ : グラサマ

GOOD SMILE COMPANY, INC.無料

【他にも通勤時のちょっとしたスキマ時間や、寝る前のリラックスタイムにおすすめのアプリをご紹介します!】

喧嘩道~全國不良番付~対戦ロールプレイングゲーム

喧嘩道~全國不良番付~対戦ロールプレイングゲーム

sns-entertainment無料

商人サーガ「魔王城で金儲け!」

商人サーガ「魔王城で金儲け!」

Cybergate technology Ltd.無料

一兆人で殴り続けると魔王だって死ぬ

一兆人で殴り続けると魔王だって死ぬ

Cybergate technology Ltd.無料

魔法科高校の劣等生 リローデッド・メモリ

魔法科高校の劣等生 リローデッド・メモリ

SQUARE ENIX無料

ABOUT ME
セフ
社会人で残業ゴリゴリの中無料ゲームに癒しを求めているゆるふわゲーマー。もともとゲームスキルはあまり高くないため今までゲームは好きなのに初歩で躓き継続できないことが多発。少しでもゲームでストレス解消できるようにゲームが苦手な人が思わず検索してしまうような内容からブログを書いています。