AFKアリーナ攻略

【AFKアリーナ】リセマラすべき?非推奨だけど狙うならルシウス

【AFKアリーナ】リセマラすべき?非推奨だけど狙うならルシウス

AFKアリーナはリセマラすべきではない!!
でも、狙うなら下記!
・ルシウス
・ネモラ
・ベリンダ

この記事ではAFKアリーナはリセマラすべき理由と、推奨キャラを理由と一緒に紹介していますよ。

今からゲームを開始する人もう、この記事さえ読めば良いスタートを切ることができます。

では詳しく解説していきます。

【管理人一押しゲーム】




樹海の秘境を発見し、狙撃的な冒険する旅最新ゲームを紹介!その名も、新感覚森秘境冒険MMORPG「モリノファンタジー」

影の調整ができる最新画面技術搭載!ゲーム内の雰囲気を存分楽しめる
自分なりに冒険環境を変えられる!超豪華なキャストにも期待
たくさんの”星モン”達を進化させ、狩人の力を活かして世界樹の王となろう!

無料ダウンロードがこちらから★

モリノファンタジー:世界樹の伝説

モリノファンタジー:世界樹の伝説

Spotlight Network Limited無料

AFKアリーナではリセマラをすべきか?

AFKアリーナではリセマラをすべきか?

「あまり時間をかけたくないけど、ファンタジー系のゲームがしたい」という理由でAFKアリーナを始める方にとって、「リセマラするかどうか?」はゲームの効率を決める大切なポイントと考えます。

私見ですが、このゲームは基本的に、リセマラをしなくても楽しむ分には問題ないと判断しています。

理由は、以下の3点です。

①「放置型育成ファンタジーRPG」のため、放置でレベルがどんどん上がる。

そのため、リセマラをするよりは早くゲームを開始して、レベルを上げた方が良い。

②「光・闇の陣営」には最強と名高いキャラが多く、リセマラ対象になりうるが、排出率が非常に低く、ゆるくゲームを楽しみたい層には向かないことがある。

③ダイヤが高頻度で入手できるため、リセマラをしなくとも頻繁にガチャを回すことができる。

エピックキャラは割と排出されやすい(排出率4.61%)。


以上3点より、リセマラをしなくても、ゲームを楽しむことはできます。

ただし、強いキャラがいれば進めやすくなることは事実ですし、自分が好きなキャラを引くことができれば嬉しいものです。

そのため、次の章ではリセマラを行う場合の推しキャラを記載します。

リセマラでどのキャラ入手すべき?


実際にリセマラする際にはどのようなキャラを入手するべきなのか、そして具体例をあげるなら誰なのかを解説していきたいと思います。

【役割】【陣営】【具体例】の順で紹介していきます。

どの役割のキャラが重要か?

ヒーラーやタンクは特に重要です。

ステージが進むにつれて敵の攻撃力が強くなってきても、ヒーラーやタンクが充実していれば自陣キャラが落ちる確率が低くなり、戦闘に勝利しやすくなります。また、「攻撃は最大の防御」を地で行く高火力アタッカーも魅力的です。



どの陣営のキャラがおすすめか?

特に強力なキャラが多く、かつ中堅キャラも揃えやすいのは「ブライト王国」と「ヴェルディア連邦」です。

このゲームでは、チームに同陣営のキャラをなるべく多く編成すると、チーム全体に強力なバフがかかるため、陣営選びは重要です。



どのキャラをリセマラで入手すると良いか?


以下に、「ブライト王国」と「ヴェルディア連邦」の強力キャラ3名を記載します。

これらのキャラを主軸に他の同陣営キャラを揃えれば、少なくとも序盤~中盤は安定して進められるはずです。



【ブライト王国】
ルシウス(タンク兼ヒーラー)








ルシウス(タンク兼ヒーラー)









味方全体への高性能シールドバフ(攻撃力×500%~550%分のダメージ防御)に加え、応急処置的な回復も可能。

PTの安定性を徹底的に底上げする。


ベリンダ(アタッカ―兼サポーター)
ベリンダ(アタッカ―兼サポーター)








高火力広範囲の必殺技(攻撃力×110%のダメージ×4~5回)が炸裂する。

攻撃面のバフ・デバフスキルも併せ持つ、頼もしい火力砲。


【ヴェルディア連盟】
ネモラ(ヒーラー)









ベリンダ(アタッカ―兼サポーター)
回復力に極振りしている。
味方全体のHP回復(自身の最大HPの30%)に加え、死にそうな仲間への応急処置も可能。PTメンバーの生存率が著しく上昇する。

ABOUT ME
セフ
社会人で残業ゴリゴリの中無料ゲームに癒しを求めているゆるふわゲーマー。もともとゲームスキルはあまり高くないため今までゲームは好きなのに初歩で躓き継続できないことが多発。少しでもゲームでストレス解消できるようにゲームが苦手な人が思わず検索してしまうような内容からブログを書いています。