Godus(ゴッダス)攻略

【godus(ゴッダス)】はクソゲー!?神ゲー!?アプリレビューと口コミ・評判まとめ

Godus(ゴッダス) ゲーム評価

godus(ゴッダス)はプレイヤーが神となり民を信者にして幸福度を高めながら文明を発展させるシミュレーションゲームです。

街づくり系のゲーム好きには神ゲーです。

こんな人にオススメ
・シムズなどの街づくり系ゲームが好き
・シミュレーション系ゲームが好き
【管理人一押しゲーム】




樹海の秘境を発見し、狙撃的な冒険する旅最新ゲームを紹介!その名も、新感覚森秘境冒険MMORPG「モリノファンタジー」

影の調整ができる最新画面技術搭載!ゲーム内の雰囲気を存分楽しめる
自分なりに冒険環境を変えられる!超豪華なキャストにも期待
たくさんの”星モン”達を進化させ、狩人の力を活かして世界樹の王となろう!

無料ダウンロードがこちらから★

モリノファンタジー:世界樹の伝説

モリノファンタジー:世界樹の伝説

Spotlight Network Limited無料

godus(ゴッダス)はなぜ神ゲーなのか?

設定がそもそも面白く自信が神様としての役割を担っているのが他の街づくりとは大きく異なっています。

土地を神の力で変形させるだけでなく、民に新たな力や物を発見させてあげる役割を担っています。

幸福度が高まる文明を築き、信仰心を高めてより幸福度の高まる文明を築いていきます。

godus(ゴッダス)のストア評価

Appstore評価:4.4
godus appstore評価

GooglePlay評価:4.4
godus GooglePlay評価

godus(ゴッダス)の良い口コミ

通勤時間や寝る前など、まったりコツコツ積み重ねて進んでいけるのがすごく楽しいです。サウンドも癒されます。

最初は楽しい。 内容は地面を無くしたり増やしたりして、人に建築を指示して人数を増やすゴッドゲームでゲーム性は面白い。

バトルがないのがいい。好きな地形を作ることができるのでその点は自由度が高い。

神様視点で民を導くのが楽しいです。地形をいじって民が通れるようにしたり、家建てられるように整えたりします。時折読める神様の日記みたいなのも面白い。広告は連続では見れず、視聴後30秒待つ必要があります。

入れてから2ヶ月程物凄くハマりました。1日10時間は起動してたかと思います。 操作性としてはまあまあといった感じでしたが、地道にコツコツ進めていくのが大好きな自分としては大当たりでした。

godus(ゴッダス)の悪い口コミ

ゲーム自体はとても楽しいです。 それ故に多くの時間を費やしてゲームを進めていたので、Androidのゲータ引き継ぎが出来ないとの事で凄くショックです。 課金もしたのにな…。

結論から言うと進行不能で全く遊べません。 GODUSに接続後に作成したデータは一度アプリを落とすと保存されず、接続前の状態に戻ってしまうので進行不能です。 グラフィックも画面上下左右青いモデルで覆われてフィールドが見えないバグが起きています。

信仰の消費があまりに早く、マネタイズする意欲が多いように見られます。チュートリアルにやめました。ゲーム自体が好きですが、チュートリアルを終わらせる時点で課金が(現実的には)必要というのが、気がかりになり、はやめに止めました。

あらゆる行動に信仰(スタミナ)が必要だが、秒で消える。システム自体はよくあるが、あまりにも待ち時間が長くダレる。おまけに整地も思うように出来ないため、信仰を無駄使いさせられまくる。タップした位置の対角線の端が動くとか意味不明すぎる。チュートリアルの段階でイライラする。

godus(ゴッダス)の世間の声総括

悪い点として、操作がし辛い、信仰心(スタミナ)が不足しやすい、引継ぎができないなどがあるようです。

ハマっても引き継ぎができないのはつらいですね。

操作がし辛いという点は私自身も感じました。

二本指で画面をスワイプする時などは指同士の感覚はかなり広げてやるようにしましょう。

近いと一本指と同じ動きになり地形が動きます。

無駄に信仰心(スタミナ)が消費されてしまいます。

そして信仰心不足も私自身も感じましたが
信仰心の回収を自動化できるようになるので
寝る時に画面をつけっぱなしにできるようにして貯めるという方法で
なんとか乗り切るようになりました。

godus(ゴッダス)のダウンロードはこちら

Godus

Godus

22Cans無料posted withアプリーチ

ABOUT ME
セフ
社会人で残業ゴリゴリの中無料ゲームに癒しを求めているゆるふわゲーマー。もともとゲームスキルはあまり高くないため今までゲームは好きなのに初歩で躓き継続できないことが多発。少しでもゲームでストレス解消できるようにゲームが苦手な人が思わず検索してしまうような内容からブログを書いています。