AFKアリーナ攻略

【AFKアリーナ】会社はどこ!?問い合わせたい場合の連絡先まとめ

【AFKアリーナ】会社はどこ!?問い合わせたい場合の連絡先まとめ
AFKアリーナの会社はどこ?

AFKアリーナは、2019年にリリースされて以降、グローバルで4500万ダウンロードを突破しました。

そして、2020年には、同じくグローバルの携帯ゲームの売上ランキングで売上2位を記録した実績もあります。

この化け物級ゲームをリリースしているのは、どのような会社なのでしょうか?

【管理人一押しゲーム】

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ、恋愛シミュレーションRPG!「日替わり内室」もおすすめです。
三国志や日本の戦国時代に活躍した有名な武将たちと共に戦い、戦力アップのためにも、美女たちと親密な関係になりましょう!

日替わり内室

日替わり内室

Ujoy 無料

AFKアリーナの会社はどこ?








AFKアリーナは、中国の「LILITH GAMES」という企業が販売しています。


同社は2015年5月に中国の上海で正式に創業後、同年12月にはグーグルより「最高レベルのデベロッパー(ゲーム開発会社)」として認定されました。



数々のゲームをリリースしていますが、その中には「Art of Conquest」「Rise of Kingdoms -万国覚醒-(略称ライキン)」などの有名ゲームも含まれています。



ご参考までにライキンを軽くご紹介すると、古代文明の小さな集落を大国に発展させていく戦略シミュレーションゲームです。

このゲームも世界で4500万ダウンロードを記録しており、サーバー数は1000以上。

様々な言語でチャットが飛び交っています。
特に、数百人規模の国同士での超大規模戦闘という規模感の大きさは特徴的です。



因みに「Rise of Kingdoms -万国覚醒-(略称ライキン)」の攻略情報は当サイトでも取り扱っています。

2020年現在では、「LILITH GAMES」に限らず中国法人のゲームが日本のゲームランキングでも台頭しています。


代表例としては、「NetEase」の「荒野行動」や「Identity V」、「miHoYo」の「崩壊学園」、「Yostar」の「アズールレーン」、「アークナイツ」、「雀魂」などが挙げられます。
AFKアリーナをリリースした「LILITH GAMES」もその例にもれず、非常に勢いのある中国のデベロッパーと言えます。


AFKアリーナに問い合わせをしたい場合













AFKアリーナに問い合わせをしたい場合












AFKアリーナ内での問い合わせについては、まずはゲーム内左上のアカウントのアイコンをタッチし、「システム設定」から「お問い合わせ」タブを開いて、自分の知りたいことが書いてあるかどうかを見てみましょう。



それでも書いていない場合は、「お問い合わせ」画面右上のヘッドフォンマークをタップしてメールを送信するか、もしくは「afk_arena_jp@lilithgames.com」充てに質問をしてみましょう。



また、「ゲームの感想を送りたい!」と言う方は、プレイヤーフィードバック用のアドレス(service@lilithgames.com)にフィードバックを書いて送りましょう。

最後に

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ限界ギリギリを攻めたえっち度SSクラスゲー『少女ウォーズ: 幻想天下統一戦』もおすすめです。
ピクセル・ドット絵・ロジカルパズルや謎解き迷路脱出も楽しめる物作り育成シミュレーションゲーム。
育てた美少女たちとド派手な戦闘を楽しめます!

少女ウォーズ: 幻想天下統一戦

少女ウォーズ: 幻想天下統一戦

Y2SGAMES無料

【他にも通勤時のちょっとしたスキマ時間や、寝る前のリラックスタイムにおすすめのアプリをご紹介します!】

エターナルツリー

エターナルツリー

BILIBILI CO.,LTD. 無料

オリエント·アルカディア

オリエント·アルカディア

Qookka Entertainment Limited無料

陰陽神鬼~本格放置RPG~

陰陽神鬼~本格放置RPG~

Six Waves Inc.無料

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料

神界奇伝~八百万神の幻想譚~

神界奇伝~八百万神の幻想譚~

YUANLONG NETWORK LIMITED無料

新信長の野望

新信長の野望

HKBBGL無料

ABOUT ME
セフ
社会人で残業ゴリゴリの中無料ゲームに癒しを求めているゆるふわゲーマー。もともとゲームスキルはあまり高くないため今までゲームは好きなのに初歩で躓き継続できないことが多発。少しでもゲームでストレス解消できるようにゲームが苦手な人が思わず検索してしまうような内容からブログを書いています。