大三国志攻略

【大三国志】同盟の選び方は!?初心者にオススメの同盟はどこ?

大三国志 タイトル

こんにちは、セフ@ゆるふわゲーマー(@sefgamechannel)です。

この記事では大三国志初心者の方に向けて同盟の選び方をご紹介します。

正直どの同盟に入るかがこのゲームの面白さを左右しかねないところがあります。

もちろん、どこの同盟に入っても自分が楽しもうという気持ちがあればOKと言う人は問題ありませんが、少しでも過ごしやすい同盟を見つけたい人は必見です。

⇒【大三国志河川の渡り方わからない?
⇒【大三国志の同盟の主がやる気ない?

【管理人一押しゲーム】

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ、伝説的オープンワールドMMORPG!リネージュM」もおすすめです。
ファンタジー世界を舞台に、個性豊かな職業の中から好きなものを選んでキャラを作り、冒険の旅へ出かけよう!

Lineage M(リネージュM)

Lineage M(リネージュM)

NC Japan K.K.無料

同盟の選び方

もちろん強い同盟に参加して全国統一を経験することも大切ですが、日々のゲームに空きてしまっては元も子もありません。

同盟をどこにするかの基準ですが、自分のログイン頻度を踏まえて選んだ方がいいです。

毎日2.3回ログインできるのであれば割と強めでも着いていけると思います。

同盟内のログイン頻度よりも自分のログイン頻度が少なくなると、同盟のスピード感についていけず足手まとい感が出てしまします。

逆に、同盟内のログイン頻度が少なすぎると自分だけが頑張っているようになってイライラしてきます。

そして、悲しのが同盟に入ってみないと実際の所は分かり辛いというのがあります。

そこで一つの参考として、同州のチャットを確認してみることです。

チャットのやり取りを見ると名前の横に同盟の名前が記載されています。

同盟に入っていない場合は「在野」と記載されており、野良と呼ばれているようです。

そこの返信の頻度で判断してみてはいかがでしょうか?

後は、事前に盟主にメールをしてみるのがいいかと思います。

メールの内容としては「はじめまして○○です。最近始めた初心者で、ログイン頻度は〇日に△回くらいです。お力になれそうでしょうか?」でOKです。

意識高い系や仲間内だけでやっている同盟だと、断ってくるでしょう。

ここで問題なさそうであれば気にせず、同盟に入ってしまいましょう。

これでもし、合わなければ同盟を抜けることもできます。

前にあったのが、とりあえず同盟に入ったものの3日間音沙汰がなく「活動はあまりしない感じですか?」と尋ねたところすぐに返信がなく盟主が返信したタイミングでは既に同盟を抜けていたというもの。

結局その後、州のチャットでやり取りして勧誘され、別のことろへ移っていきました。

この様に合わなければ移動もできるので、とりあえず入ってみて確認でもいいかもしれません。

因みに僕は、ログイン頻度は合わないものの抜けることが自分に対して許せず自分だけでガンガン頑張っています。(笑)

最後に

このゲームをプレイしている人もハマっているアプリ限界ギリギリを攻めたえっち度SSクラスゲー『少女ウォーズ: 幻想天下統一戦』もおすすめです。
ピクセル・ドット絵・ロジカルパズルや謎解き迷路脱出も楽しめる物作り育成シミュレーションゲーム。
育てた美少女たちとド派手な戦闘を楽しめます!

少女ウォーズ: 幻想天下統一戦

少女ウォーズ: 幻想天下統一戦

Y2SGAMES無料

【他にも通勤時のちょっとしたスキマ時間や、寝る前のリラックスタイムにおすすめのアプリをご紹介します!】

エターナルツリー

エターナルツリー

BILIBILI CO.,LTD. 無料

オリエント·アルカディア

オリエント·アルカディア

Qookka Entertainment Limited無料

陰陽神鬼~本格放置RPG~

陰陽神鬼~本格放置RPG~

Six Waves Inc.無料

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料

神界奇伝~八百万神の幻想譚~

神界奇伝~八百万神の幻想譚~

YUANLONG NETWORK LIMITED無料

新信長の野望

新信長の野望

HKBBGL無料

ABOUT ME
セフ
社会人で残業ゴリゴリの中無料ゲームに癒しを求めているゆるふわゲーマー。もともとゲームスキルはあまり高くないため今までゲームは好きなのに初歩で躓き継続できないことが多発。少しでもゲームでストレス解消できるようにゲームが苦手な人が思わず検索してしまうような内容からブログを書いています。